Seasar2開発環境構築(1)

最近個人プロジェクトでSeasar2を利用する機会がありましたので、
その時の環境構築方法を書いていこうと思います。

Eclipseインストール

下記サイトからEclipse IDE for Java EE Developersをインストール
http://www.eclipse.org/downloads/

Eclipseプラグインのインストール

Help->Install New Softwareを選択しURLを登録する。

http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/

下記のモジュールを選択してインストール

  • Dolteng
  • Kijimuna
  • SAStrusPlugin
  • ResourceSynchronizer

http://eclipse.seasar.org/updates/3.2/

下記のモジュールを選択してインストール

  • Sysdeo/SQLI Tomcat Launcher
  • DbLauncher

プラグインのインストールが終了したら、Eclipseを再起動

Tomcatのインストール

下記のページより6.0系の最新版をダウンロード

http://tomcat.apache.org/download-60.cgi

/tmp/にダウンロードした場合

cd /tmp/
unzip apache-tomcat-6.0.36.zip
mv apache-tomcat-6.0.36 tomcat6
mkdir /usr/local/user_installed
mv tomcat6/ /usr/local/user_installed/

Tomcatの起動確認

環境設定->Tomcatを選択

  • Tomcatバージョン6.xを選択
  • Tomcatホームに、インストールしたTomcatのパスを入力
  • OKを選択して終了

画面丈夫のTomcatのアイコンをクリックしてTomcatの起動
http://127.0.0.1:8080/にアクセスして動作を確認 Tomcatの初期画面が表示されればOK

参考書籍

Seasar 2 徹底入門 SAStruts/S2JDBC 対応

Seasar 2 徹底入門 SAStruts/S2JDBC 対応