CoffeeScript開発環境構築メモ

Mountain LionにCoffeeScriptの環境を構築したのでメモしておきます。

インストール

node.jsのインストール
brew install node.js
確認
node -v
v0.8.15
npmのインストール
curl https://npmjs.org/install.sh | sudo sh
CoffeeScriptのインストール
sudo npm install -g coffee-script
確認
coffee -v
CoffeeScript version 1.4.0

動作テスト

テストディレクトリの作成
cd ~/
mkdir js_dir (JavaScript格納ディレクトリ)
mkdir coffee_dir (CoffeeScript格納ディレクトリ)
ディレクトリは適宜移動します。
sample.coffeeの作成

下記の内容を追加

helloworld = 
-> console.log "hello world"

helloworld()
実行
coffee sample.coffee
hello world
JavaScriptへのコンパイル
coffee -o <出力先ディレクトリ> -c <ソースディレクトリ>
coffee -o js_dir/ -c coffee_dir/
内容の確認
/ Generated by CoffeeScript 1.4.0
(function() {
  var helloworld;

  helloworld = function() {
    return console.log("hello world");
  };

  helloworld();

}).call(this);

参考URL

参考書籍

サーバサイドJavaScript Node.js入門

サーバサイドJavaScript Node.js入門